海外旅行で節約するには?→結論、自炊するべし!【自炊する方法伝授】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                   

「1週間くらいの海外一人旅を計画中。目的はグルメじゃなくて観光旅行。いろんな観光地を巡りたいから節約したい。なんとか節約する方法ってないかなぁ。」という方向け。
結論、自炊しましょう。
私が海外一人旅で自炊した経験を踏まえ、海外旅行での自炊の様子、自炊におすすめのグッズなどをご紹介します。

スポンサーリンク

本記事は下記の4本立てです。

本記事の内容

  • 海外旅行で節約するには?→結論、自炊するべし!【自炊する方法伝授】
  • 海外旅行で自炊する方法【私の経験談より】
  • 海外旅行の自炊おすすめグッズ3点
  • 海外旅行で自炊するメリット・デメリット

海外旅行で節約するには?→結論、自炊するべし!【自炊する方法伝授】

海外旅行で節約するには?→結論、自炊するべし!【自炊する方法伝授】

「せっかくの海外旅行なのに自炊!?Σ(゚Д゚)現地の名物グルメ食べなきゃもったいなくない!?」とも思わなくもないのですが、

  • 物価が高い国への旅行
  • グルメ目的ではない旅行

の場合、別に自炊でもいいのかなと思っています。

物価が高い国だと滞在期間が長ければ長いほど食費が高くついてしまいます。

だったらここは思い切って自炊!

かなり食費を節約することができて、その分を観光費用に回せますよ^^

海外旅行で自炊する方法【私の経験談より】

海外旅行で自炊する方法【私の経験談より】

私の海外旅行での自炊メニューをざっくり書いたのがこちら。

  • ふりかけ
  • お茶のティーパック
  • インスタント味噌汁
  • インスタントラーメン
  • おかず

6以外は日本からの持ち込みで、6のみ現地のスーパーマーケットで購入します。

米はアツアツ炊き立てが食べたいので、現地で炊いてます(笑)

そう、米はそのまま持っていきます。
こんな風に小分けにしておくとかさばらずにたくさん持っていくことができますよ^^

ホテルの引き出しに並べた米↓
ホテルの棚に並べたお米

インスタントラーメンもカップ麺ではなく、袋麺。

理由はカップ麺だとカップ部分でかさばってしまうから。

どうしてもカップ麺がいい!という場合には、開けて中身とカップを別にし、カップを重ねると少しかさばりを改善できます。

ホテルの引き出しに並べたインスタント味噌汁やインスタントラーメン↓
ホテルの棚に並べた味噌汁とインスタントラーメン

お茶のティーパックは、海外だとお茶が甘い国があるので、甘くないお茶が気軽に飲みたいなと思って持って行ってますね~。

おかずだけは現地スーパーマーケット購入。

おかずとなる肉や魚、野菜は持ち込めないので、現地のスーパーで購入してます。

海外旅行の自炊おすすめグッズ3点

下記3点持っていけば十分、海外旅行で自炊ができます。

  • トラベルクッカー
  • トラベルポット
  • 食器(お箸・お皿・コップ)

私が使っているトラベルクッカーがこちら。

結構いいやつ購入しちゃいました^^

これでお米も炊けるし、袋のインスタントラーメンも自炊して食べてます。

ギリシャ一人旅したときには3週間日本から離れていたので、お米が恋しくなるんですよね。

海外で日本の炊きたての米を食べられるのは幸せでした♡

created by Rinker
カシムラ
¥2,044 (2020/10/21 08:53:49時点 Amazon調べ-詳細)

トラベルクッカーがあればお湯もわかせるのですが、米炊きかインスタントラーメンで使っているので、効率よく自炊するためにトラベルポットも持って行ってます。

これでティーパックのお茶作ったり、味噌汁作ったりしてます。

食器は100円均一で購入したプラスチック製のお皿1枚とお箸とスプーン・フォークのセット、コップを持って行ってます。

コップはいらない気もしますが、格安ホテルだとアメニティに含まれていない場合があるので念のため持って行ってます。

スポンサーリンク

海外旅行で自炊するメリット・デメリット

海外旅行で自炊するメリット・デメリット

私が実際に海外旅行で自炊してみて気が付いたメリット・デメリットをまとめてみました。

まずデメリット。

  • 事前に米や味噌汁などが持ち込み可能か調べるのがめんどくさい
  • トラベルクッカーや食品で荷物がかさばる、重たい

国によって持ち込み可能な食品、持ち込み不可な食品が違いますので、事前に米やインスタントラーメンなど持ち込めるかどうかを調べるのがめんどくさい、手間です。

そして当然、食品を持ち込んだり、現地で自炊するわけですから荷物も多くなります。

食品は旅行中に消費するので荷物からはなくなりますが、トラベルクッカーやポットはなくなりませんから、旅行の最後までついて回ります。

これがなかなかにスペース取るし、何より重たい…。

そしてメリット。

  • 旅行の食費をかなり節約できる
  • 現地のスーパーマーケットでのおかず選びも楽しい♪
  • 現地で米と味噌汁が楽しめる

旅行期間が長ければ長いほど、食費の節約効果は絶大です。

毎回外食よりおかずのほうが当然安い!

それに現地のスーパーマーケットでおかずを選ぶのも楽しいです。

あれもこれも食べたい!と目移りしちゃって、ついつい買いすぎちゃうなんてことも(*´艸`*)

ギリシャでおかずを購入してホテルのテラスで自炊したときの様子↓

ホテルのテラスで自炊したときの写真

自炊で食事しながら次の観光地情報をPCで収集している様子↓

ホテルのテラスで自炊とパソコン

結構乙なものでしょ?(*´ー`*)

そして米とみそ汁!

旅行序盤は現地のグルメを楽しめるのですが、長期間だと飽きてきて「ご飯と味噌汁が恋しい…」なんてことも。

1週間のカンボジア一人旅、3週間のギリシャ&トルコ一人旅では、3日目あたりですでに日本食が恋しくなったものです。

まとめ

それでは今回の記事のまとめです。

まとめ
海外旅行で節約するには?→結論、自炊するべし!【自炊する方法伝授】

グルメ目的でなければ自炊もあり!食費をかなり節約できる。

海外旅行で自炊するのに必要なものは、下記3つ。

  • トラベルクッカー
  • トラベルポット
  • 食器

日本から米と味噌汁、インスタントラーメンを持ち込み、おかずは現地のスーパーで購入が節約効果絶大でおすすめ。

カナダ一人旅の時は自炊はしませんでしたが、カナダは物価が高いので食費を節約するために、カナダのスーパーマーケットでパンやサンドイッチ、お弁当を購入してホテルで食べてました。

ホテルの共用スペースにレンジがあったので、お弁当を温めてあたたかい食事が楽しめましたよ^^

トラベルクッカーが重い!かさばる!けど食費は節約したい!という場合には、電子レンジのあるホテルを選んで宿泊するのもいいですね。

あとはパン、ハムやチーズなど購入して、パンにはさんでオリジナルサンドイッチも旨い!

これなら電子レンジもいらない♪

いろいろと工夫することで食費を節約して自炊できるものです。

ではでは~ノシ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*