【ドットインストール】install php のエラーを解決した方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                   

「ドットインストールのローカル開発環境の構築[Winsdows編]の仮想マシンの設定で、「./run.sh」を実行するも[install php]でエラーとなって先に進まない…。」という方向け。
私が解決できたエラー対処方法をシェアします。

スポンサーリンク

本記事は下記の3本立てです。

本記事の内容

  • 結論
  • [install php]のエラーを対処できた3ステップ
  • [install php]のエラーを対処できた3ステップの詳細

結論

dockerを停止させて、仮想マシンを作り直しで解決できました。

[install php]のエラーを対処できた3ステップ

  1. Dockerが起動していたので停止
  2. 作成した仮想マシンを廃棄
  3. もう一度仮想マシンを作って設定

私はこの3ステップで[install php]のエラーを無事クリアできました。

ではその手順を詳しくお伝えしますね。

スポンサーリンク

[install php]のエラーを対処できた3ステップの詳細

ステップ1:Dockerが起動していたので停止

ドットインストールの別のレッスンでインストールしたDockerという仮想環境ツール。

Windowsが起動すると、自動的にDockerも起動し、そのままの状態でローカル開発環境を構築していたので、「もしかしてコイツ(Docker)が影響してるかも?」と思い、Dockerを停止させて、仮想マシンを作り直すことにしました。

ステップ2:作成した仮想マシンを廃棄

[install php]のエラーを見るも、解読できず。

ならば、最初から作り直してみようと思い、作成した仮想マシンを廃棄(削除)することにしました。

作成した仮想マシンを廃棄(削除)するには、PowerShellでMyCentOSフォルダに移動し、下記コマンドを実行。

vagrant destroy

これで廃棄(削除)完了。

それにしてもdestroyってすごいな…。

ステップ3:もう一度仮想マシンを作って設定

後は、もう一度仮想マシンを作成して、設定します。

ドットインストールでいうと、ローカル開発環境の構築(Windows編)『#05 仮想マシンを立ち上げよう』の「仮想マシン設定用のVagrantfileを作る」以降を行います。

具体的には、PowerShellでMyCentOSフォルダまで移動し(ステップ2の直後だとPowerShellはこの状態のはず)、仮想マシン設定用のVagrantfileを作る。

vagrant init bento/centos-6.8

Vagrantfileを編集して仮想マシンのIPアドレスを192.168.33.10にする。

仮想マシンを起動する。

vagrant up

仮想マシンの状態を確認する

vagrant status

次の動画『#06 PuTTYをインストールしていこう』は、もうPuTTYはインストール済みなので飛ばして、『#07 仮想マシンにログインしてみよう』でPuTTYで作成した仮想マシンにログイン。

『#08 仮想マシンの設定をしよう』の通りに設定を行っていきます。

今度は『./run.sh』コマンドでスクリプトを実行しても[install php]でエラーとはならず、無事インストールできました。

…のですが、今度は[install mysql]でエラーが発生することに…(泣)

[install mysql]でのエラー対処法につきましては別記事【ドットインストール】CentOSのinstall mysqlエラーを解決した方法で解説しているので、同じように[install mysql]でエラーとなった方は参考にしてみてください。

ではでは~ノシ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*