【小豆島のおすすめホテル】格安・絶景・設備充実で大満足でした!

                   

小豆島は観光地だけど東京や大阪などの都会とは違って、島なためなかなかお手頃価格で泊まれるホテルがない…。それでも1泊1万円ほど(2人宿泊だと5000円ほど)で泊まれたホテルがありました。しかも設備充実!景色が絶景!でもう大満足!そんな小豆島の超おすすめホテルをご紹介します。

スポンサーリンク

本記事は下記の6本立てです。

本記事の内容

  • 小豆島のおすすめホテル「太陽のおうち」
  • ホテルへのアクセス手段
  • ホテルの3つのおすすめポイント
  • 小豆島のホテルをもっとお得に予約する方法
  • 高松-小豆島のかわいいフェリー
  • まとめ

小豆島のおすすめホテル「太陽のおうち」

2022年12月1日と2日に宿泊して2泊3日で小豆島へ行ってきました。

目的は観光ではなく、田舎の祖母に会うため。

「じゃあわざわざホテルに泊まらなくても、祖母の家へ泊ればいいじゃん?」って当然思いますヨネ。

私もそう思いマス。

祖母の家に泊らなかったのは、祖母は一人暮らしでもう90歳以上の高齢なので、私が宿泊することにより負担をかけたくないから。

まあ、祖母には「なんで泊まっていかんねん。」と言われますが…。

そんなわけで、祖母に会うために小豆島を訪れようと思ったわけなのですが、いざホテルを探してみると「おえっ!高っ!!Σ(゚д゚lll)ガーン」とびっくり!

同じ観光地でも東京や大阪なら狭くてもきれいな格安ホテルなんていくらでもあるのに、小豆島だとガチのホテルしかないから高いんですよねえ…。

そんな小豆島の割高ホテルの中でも安めだったのが、今回私が宿泊した「太陽のおうち」というホテル。

1泊1万円ほどでしたが、2名まで宿泊可能なお部屋でしたので2人で泊まれば1人1泊5000円ほどということになりますね。

ホテルへのアクセス手段

太陽のおうちの最寄りのフェリー乗り場は土庄港。

土庄港からのアクセスですが、公共交通機関はタクシーのみ。

タクシーだと土庄港から6分ほどで到着します。

バスもあるにはありますが、本数が少なくて最寄りのバス停まで徒歩10分ほどかかります。

一応土庄港からのバスのアクセス方法も載せておくと、路線は「西浦線」でバス停は「鹿島」。

本数と時間は下記サイトを確認してみてください。

» 小豆島オリーブバス「西浦線」時刻表はこちら

というわけで、人におすすめするならタクシー一択かな。

わたしは土庄港へ到着したころには18時半を回っておりましたので、バスなし。

タクシーにしよっかなと思ったのですが、「この後予定もないし、運動不足だし、久々の小豆島だし歩いてみようかしら…。」ということで歩いてみました。

徒歩だと土庄港から30分ほどだったかな?

田舎育ちで普段も自宅から最寄り駅まで徒歩30分のところに住んでいる私としては、屁でもない距離ですわ。

スポンサーリンク

ホテルの3つのおすすめポイント

実際に泊まってみて、価格だけではないおすすめポイントがありましたのでご紹介します。

太陽のおうちのおすすめポイントは下記3つ。

  • おすすめポイントその1:設備充実!何でもそろっていて部屋も綺麗
  • おすすめポイントその2:絶景!テラスから小豆島の海が見える
  • おすすめポイントその3:1泊1万円程度で宿泊できた

おすすめポイントその1:設備充実!何でもそろっていて部屋も綺麗

太陽のおうちには和室もありますが、私が宿泊したお部屋は洋室です。

玄関から入って見渡したお部屋の様子がこちら↓

小豆島のおすすめホテル「太陽のおうち」の部屋

素敵!綺麗!Σ(゚Д゚)

テレビ、ミニ冷蔵庫、ポットも完備。

小豆島のおすすめホテル「太陽のおうち」の机

無料WiFiがあり、スペックのしょぼいノートPCで使ってみましたが、全く途切れることなく快適に使えました♪

ワーケーションにもおすすめですね。

観光目的ではなかったので食費は安く抑えようと、近くのスーパー「マルナカ土庄店」(徒歩20分ほど)で食料と飲み物を買い込んで冷蔵庫で冷やしていました。

こちらは洗面所とトイレ↓

小豆島のおすすめホテル「太陽のおうち」の洗面所

予約は1名でしましたが、2名泊まれるお部屋のためコップと歯ブラシが2つ分準備されていました。

ドライヤーもあり。

トイレはウォシュレット♪

お風呂のスペースも十分!

小豆島のおすすめホテル「太陽のおうち」のお風呂

私は湯船にお湯をためて入るのが最高に至福なので、遠慮せずに湯船にお湯を張らせていただきました。

土庄港からホテルまで歩いたり、ホテルからマルナカまで歩いたりと重い荷物をもって初日から歩きまくったので、全身疲労困憊でしたが、あったかくて広いお風呂でゆっくり湯船につかれて疲れがすっきり取れました(*´∀`*)

共用スペースもあります。

小豆島のおすすめホテル「太陽のおうち」の共用スペース

電子レンジ、トースターがあって自由に使えます。

小豆島のおすすめホテル「太陽のおうち」の共用家電

お部屋のミニ冷蔵庫で冷やしておいた食事を、チンして温められたので重宝しました♪

ウォーターサーバーもありました。

小豆島のおすすめホテル「太陽のおうち」のウォーターサーバー

洗濯機と乾燥機もあったのですが、「スタッフ以外立ち入り禁止」(使用禁止だったかな?)という張り紙が貼ってあったので利用できなかったのが残念デシタ…。

おすすめポイントその2:絶景!テラスから小豆島の海が見える

お部屋にはテラスがあります。

小豆島のおすすめホテル「太陽のおうち」のテラス

素敵なテラス…♡

こんな素敵なテラスで推しと過ごせたら…

( ꒪.̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̸̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨̨.̸̸̨̨꒪)ブッ!!

いっけね、鼻血が…

ボタボタ(*´ノi`*)ハァハァ

す…すみません…。

またここからの眺めが最高なんですよ~。

太陽のおうちは海岸近くにあるので、眺望もこの通り!

小豆島のおすすめホテル「太陽のおうち」のテラスからの眺望

夏に賑わう観光スポットの鹿島の海水浴場が見えます。

小豆島のおすすめホテル「太陽のおうち」から見える鹿島の海水浴場

夏だと太陽のおうちの宿泊予約すぐ埋まっちゃうかも。

おすすめポイントその3:1泊1万円程度で宿泊できた

1泊1万円ちょっとで宿泊できたのですが、詳細な宿泊明細がこちらです↓

施設利用料が15000円とありますが、合計金額からわかるように実際は5000円です。

ボーナスステイ利用分はホテルズドットコムで貯めた無料宿泊分なので、このボーナスステイの利用を適用しないとすると、

7220円×2泊+1944円(税及びサービス料)+5000円(施設利用料)=21384円

1泊だと21384÷2泊=10692円とことになりますね。

小豆島のホテルをもっとお得に予約する方法

宿泊予約をするときには、ホテル予約サイトを利用する方が多いと思います。

私も今回の小豆島へのホテル予約はホテルズドットコムというサイトを利用しました。

でも、直接ホテルズドットコムから宿泊予約はしていません。

もっとお得に宿泊予約をする方法があるからです。

その方法については別記事海外ホテルを格安予約サイト以上にもっとお得に予約する方法とは?に詳しくお伝えしているのでぜひチェックしてみてください。

『海外ホテル』とありますが、国内ホテルでも使える方法です。

もちろん太陽のおうちも上記の方法で予約しました♪

高松-小豆島のかわいいフェリー

小豆島へのアクセスはいくつかありますが、私は毎回高松からアクセスしています。

幼いころは香川県に住んでいたので、高松からのアクセスだとなじみがあって安心するからです。

前回いつ訪れたかわからないほどめちゃくちゃ久しぶりに小豆島を訪れましたが、乗ったフェリーにびっくり!

ポケモンヤドンの小豆島フェリー

ポケモン!?なんで!?Σ(゚Д゚)

ググってみるとポケモンと香川県が2022年2月から観光誘客の取り組みとして行っているようですね。

» ポケモン、香川県にヤドンのフェリー、ヤドンのバス、ヤドンのお宿

私が幼少の頃はそんな綺麗なフェリーじゃなかったし、アーケードゲームのインベーダーゲームがあったなあ~。

まさに昭和の記憶ですが、最近だとフェリーにもフリーWiFiがあって、コンセントもほらこの通り完備!

ポケモンヤドンの小豆島フェリーはUSBコンセントも完備

久しぶりの小豆島フェリーの旅だったので景色をゆっくり楽しもうと思ったのですが、12月は夕方で日も暮れてしまうので真っ暗。

ポケモンヤドンの小豆島フェリーはPCも使える

仕方なくパソコン使いましたけど、フェリーの設備が充実しているのであっという間に小豆島に着きました。

まとめ

それでは今回の記事のまとめです。

まとめ
小豆島のおすすめホテルは「太陽のおうち」。
おすすめポイントは下記3つ。

  • 充実のホテル設備!特にお風呂がおすすめ
  • テラス席からの眺望が絶景
  • 1泊1万円程度で宿泊できる

太陽のおうちはツインルームなので、2人で宿泊すれば1泊一人当たり5000円ほどで泊まれましたね。

小豆島の印象は、いつの間にかバスの名前も「オリーブバス」になっていたり、「オリーブ牛」というブランド作ったりとオリーブ推しで頑張っているんだなと思っていましたが、最近はポケモンともコラボして活性化をはかっているんですね。

そういえば移住体験ができたり、コワーキングスペースができたりと観光だけでなく移住にも力を入れているようですが、もっと気軽に格安で宿泊できるような施設も今後増えていくといいな。

そうするとワーケーションしやすいので、小豆島を訪れるハードルが低くなりますからね^^

小豆島を訪れたのは本当に久しぶりでしたが、西日本を訪れたのが久しぶりだったので、自分のお土産はこれにしました↓

小豆島土産

おやつのカール!!

もう東日本では販売されていないおやつのカール…。

太陽のおうちから歩いて訪れたマルナカ土庄店で、持って帰れるだけ買い占めました♪

1袋100円くらい。安っ!

まだ2袋残っているので、大切に食べたいと思います(*´艸`*)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*