また利用したいケベック(カナダ)のおすすめホテル!その理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                   

カナダ一人旅した時にケベックで宿泊したおすすめのホテルをご紹介します。
おすすめの理由は8つあり、詳しく理由をお伝えしています。
おすすめしているホテルなら、あなたのケベック観光に関する不安や疑問を解決してくれると思いますよ^^
ぜひケベック観光の際の参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

ケベック(カナダ)のおすすめホテルとは?

私は1週間、カナダのケベックを一人旅してきました。

1週間の滞在中に宿泊したホテルは3つなのですが、その中でまたケベックを訪れたときには宿泊したいおすすめのホテルがあります。

そのホテルとは『オテル シャンプラン ヴュー ケベック (Hôtel Champlain Vieux Québec)』です。

» ホテルの詳細ページはこちら

ケベック観光しやすいホテルでした。

ケベック観光におすすめの理由

何故『オテル シャンプラン ヴュー ケベック (Hôtel Champlain Vieux Québec)』がケベック観光におすすめのホテルなのか。

理由は8つあります。

  • ケベック市街地から近い
  • 宿泊料金がお手頃
  • チェックインが遅くまで対応している
  • フロント対応が24時間
  • エレベーターがある
  • Wi-Fiが無料
  • スタッフの対応がとても良い
  • バスタブが深い

順番に詳しくお伝えしますね。

ケベック市街地から近い

観光において、観光スポットからホテルまでのアクセスの良さはとっても重要!

ケベックのメリットは、主要観光スポットがほぼ徒歩圏内で十分回れる場所に位置しているところ。

せっかく観光スポットが徒歩圏内なのだから、ホテルも観光スポットからほど近い場所にあった方が、観光においてとっても便利です。

『オテル シャンプラン ヴュー ケベック (Hôtel Champlain Vieux Québec)』がある場所はこちら↓

ご覧の通り、ケベックの市街地にあるので、観光スポットへのアクセスも抜群!

実際宿泊してみて、観光にとても便利でした♪

宿泊料金がお手頃

カナダの物価は決して安くない…というか、税金やらチップやらで日本より高く感じます。

それはホテルの宿泊料金も同じ。

ケベックのホテルの宿泊料金も安くはありません。

そんなケベックで『オテル シャンプラン ヴュー ケベック (Hôtel Champlain Vieux Québec)』の宿泊料金は、私が宿泊した時の価格ではありますが、1泊9083円とお手頃価格。

ドミトリーやケベックの市街地から遠い場所にあるホテルならもっと宿泊料金の安いホテルもありますが、せっかくケベックの主要観光スポットが徒歩圏内にあるのならやっぱりホテルも主要観光スポットから近い方がいいし、せっかくの一人旅なのに、他人に気を遣うドミトリーはいくら安くても私は無理なので個室が良い。

『オテル シャンプラン ヴュー ケベック (Hôtel Champlain Vieux Québec)』は個室だし、ケベック主要観光スポットからアクセス抜群の場所にあって、それでいて宿泊料金はお手頃!

最高です。

チェックインが遅くまで対応している

『オテル シャンプラン ヴュー ケベック (Hôtel Champlain Vieux Québec)』のチェックインは16時からなんと翌朝5時まで

私がケベックの空港に到着したのは19時頃でした。

初日は別のホテルに宿泊したのですが、チェックインが翌朝5時までだと安心です^^

フロント対応が24時間

これはとってもありがたい!!

ホテルによっては「チェックイン24時間可能だけれど、フロントに人はいません。」というホテルもあります。

英語が全くしゃべれない私は「え…。チェックインの仕方がわからなかったらアウトじゃん…。」と、フロントに人がいないというのはかなり不安です。

そしてフロントデスクが24時間対応でありがたい一番の理由は、何時にチェックアウトしても人がいること。

ケベック滞在最終日、ケベック発の飛行機の出発時刻が午前9時45分だったので、午前7時前には空港到着したいと思っていました。

ケベックの厄介なところは、空港⇔市内間のアクセスがタクシーのみ。

しかも市内にタクシー乗り場がなく、流しのタクシーもつかまえられないので、市内から空港に向かうためには、自分でタクシーを手配するしかないのですが、英語ができない私には無理。

となると、チェックアウト時にホテルのフロントでタクシーを呼んでもらうようにお願いするしかありません。

午前6時半前にはチェックアウトしてタクシーに乗りたいと思っていたので、早朝でも対応してもらえる24時間対応フロントデスクはとってもありがたい。

『オテル シャンプラン ヴュー ケベック (Hôtel Champlain Vieux Québec)』は24時間対応フロントデスクのホテルです。

私がチェックアウトするのにフロントに向かった午前6時10分過ぎには、フロントに誰もいなくて焦りましたが、フロントにあった電話を鳴らしてコールすると、スタッフのお兄ちゃんが飛んできてくれました。

そしてタクシーを呼んでもらうようにお願いしたら、快くタクシーを呼んでくれて、お兄ちゃんが電話をしてから1分ほどでタクシーが来てくれました。

早っ!

まさかそんなに早くタクシーが来てくれると思わなかったので、めちゃくちゃ早く空港に到着してしまいました^^

スポンサーリンク

エレベーターがある

私がケベック滞在初日に宿泊したホテルにはエレベーターがありませんでした。

1週間のケベック観光、しかも真冬だったので寒さ対策の洋服でスーツケースがパンパンで結構な重さに。

そんな重い荷物を持っての階段の上り下りは大変でした。(まあ、ホテルスタッフのお兄ちゃんが手伝ってくれましたけど。)

『オテル シャンプラン ヴュー ケベック (Hôtel Champlain Vieux Québec)』にはエレベーターがついているので、重いスーツケースを持っての移動も何のその!

とっても楽ちんでした♪

Wi-Fiが無料

今どきどこのホテルもWi-Fi完備で無料で使えますが、高級ホテルではWi-Fiが有料というところもあるようです。

実際私がケベック滞在中に宿泊した、ケベックの最高級ホテル『フェアモント ル シャトー フロントナック(Fairmont Le Château Frontenac)』ではWi-Fiが有料でした。

何故最高級ホテルなのにWi-Fiが有料なんだろ…。

今回初めてWi-Fi有料のホテルに泊まってみて、Wi-Fiが無料で使えることのありがたみを知りました。

スタッフの対応がとても良い

『オテル シャンプラン ヴュー ケベック (Hôtel Champlain Vieux Québec)』に宿泊したのは最終日の1泊だけでした。

その前に宿泊していたホテルのチェックアウトが12時で、『オテル シャンプラン ヴュー ケベック (Hôtel Champlain Vieux Québec)』のチェックインが16時。

4時間スーツケースを持って観光することは不可能なので、チェックイン時刻になるまで手荷物を預かってもらおうと12時過ぎに『オテル シャンプラン ヴュー ケベック (Hôtel Champlain Vieux Québec)』へ向かい、フロントにいたお兄ちゃん、お姉ちゃんに手荷物の預かりをお願いしたんです。

そしたらなんと!

もうお部屋の準備ができているから、お部屋を使ってくれて構わないと言ってくれたんです!!

めちゃくちゃありがたかったです!!

チェックイン時刻よりも4時間も前にチェックインさせてくれました。

スタッフさんの心遣いがとても嬉しかったです。

バスタブが深い

今回のケベック観光で3つのホテルに宿泊しましたが、『オテル シャンプラン ヴュー ケベック (Hôtel Champlain Vieux Québec)』のバスタブが一番深かったです。

バスタブにお湯を目いっぱい張って、観光疲れ(なんて贅沢な…)を癒すことができました♪

しかも3つのホテルの中で一番、石鹸がたっぷりあったのもポイント高し。

これだけたっぷりあると、残量気にすることなく何度もお風呂入れるし、たっぷり使って全身を洗えるので嬉しい^^

ホテルのお部屋紹介

『オテル シャンプラン ヴュー ケベック (Hôtel Champlain Vieux Québec)』の魅力的な立地、サービス、対応をおすすめ理由としてお伝えしましたが、お部屋もとっても素敵でした。

私が宿泊したホテルのお部屋を写真に撮ってきましたので、ご紹介しますね。

洗面台がまたオシャレなんですよ~♪

金魚があしらわれている!

素敵な洗面台です。

まとめ

実体験を基にカナダのケベックのおすすめホテルをご紹介しましたがいかがでしたか?

おすすめ理由を8つ挙げてお伝えしましたが、あなたもケベック観光の際に検討してみて下さいね。

ホテルを予約する前には、ぜひ下記記事をご覧ください。

ホテル予約をお得にできる方法について知ることができます。

お得にホテルを予約して、ぜひ観光旅行を楽しい物にしてくださいね^^

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*