極東ロシアとは?旅行におすすめの都市がウラジオストクの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                   

「極東ロシアなら日本から近くて旅行に行きやすそうだけど、極東ロシアって何?どこにあるの?日本から旅行するのにおすすめの都市はどこ?」という方向け。
極東ロシアとは、ナホトカ・ウラジオストク・ウスリースク・ハバロフスク・ブラゴヴェシチェンスクの5つの町です。
この中で旅行におすすめなのはウラジオストク。その理由を解説します。

スポンサーリンク

本記事は下記の4本立てです。

本記事の内容

  • 極東ロシアとは?
  • 旅行におすすめの都市がウラジオストクの理由
  • 極東ロシアの旅行前に知っておくべき情報
  • 極東ロシアの観光ビザ取得の注意点

記事の最後にはおまけとして、極東ロシアウラジオストクの海外航空券を格安で購入する方法をお伝えしているので、ぜひチェックして下さいね^^

極東ロシアとは?

日本から距離が近い順に、

  • ナホトカ
  • ウラジオストク
  • ウスリースク
  • ハバロフスク
  • ブラゴヴェシチェンスク

の5つの町を指します。

それぞれの町の場所ですが、Googleマップを貼り付けておきますね。

この中で旅行におすすめなのは、ウラジオストク。
特に海外旅行や一人旅に慣れていないという方は、初めての極東ロシア旅行ならウラジオストクがおすすめです。

旅行におすすめの都市がウラジオストクの理由

何故極東ロシアへの旅行にウラジオストクがおすすめなのか。

その理由は、極東ロシアの中で一番日本からの直行便が多いから。

極東ロシアの5つの町の中で日本からの直行便があるのは、2020年3月現在ウラジオストクとハバロフスクだけ。

他の町への旅行は、一番西に位置するブラゴヴェシチェンスク以外、ウラジオストク駅から列車に乗って訪れることができます。

ハバロフスクもウラジオストク駅から列車に乗って1泊2日で訪れることが可能です。

ブラゴヴェシチェンスクへはハバロフスクから列車で14時間ほどかかります。

ウラジオストクは日本から直行便があり、ブラゴヴェシチェンスクを除く各極東ロシアへのアクセスの拠点ともなる町なので、おすすめということです。

スポンサーリンク

極東ロシアの旅行前に知っておくべき情報

極東ロシアを旅行前に知っておきたい・知っておくべき情報についていくつかピックアップしてみました。

極東ロシアの通貨

ロシアの通貨はロシア・ルーブルですが、補助通貨というものもありまして補助通貨の単位はカペイカと言います。

2020年3月14日現在のレートは1ロシア・ルーブル≒1.5円です。

極東ロシアと日本の時差

極東ロシア5つの町の中で、日本との時差がない町は、一番西に位置するブラゴヴェシチェンスクです。

他、ウラジオストク、ハバロフスク、ナホトカ、ウスリースクの4つの町は日本との時差があり、日本より1時間進んでいます。

つまり、日本が22時だとすると、ウラジオストク、ハバロフスク、ナホトカ、ウスリースクは23時だということですね。

極東ロシアの気温・気候とベストシーズン

ウラジオストクは緯度でいうと日本の北海道札幌市とほぼ同じ位置にあります。

6~8月では気温も25度越えとなり、海水浴も楽しめるんだとか。

…って、マジ?

避暑地も兼ねて7月に極東ロシア一人旅計画してたんだけどな~。と今、ブログ書いてて気づく。(←をいをい)

さすがに冬は寒いようで、11月~3月だと氷点下になります。

極東ロシアの旅行のベストシーズンは夏の季節で7月・8月あたりは特にハイシーズンとのこと。

日本から極東ロシアまでのフライト時間

私は2020年7月にウラジオストク一人旅に行く予定なんですけど、海外航空券でウラジオストクまでのフライト時間を確認してみたところ、成田空港から2時間20分でした。

近っ。

韓国よりフライト時間短いな。

ちなみにチケット価格は34800円でした。
韓国よりちょっと高いくらいかな?

それでも安っ。

フライト時間も短く、海外航空券も安いので、極東ロシアへの旅行は本当におすすめですね。

極東ロシアの治安

治安は悪くないのですが、日本と同じ感覚でいると痛い目に遭います。
外務省の海外安全情報で極東ロシアを確認してみたのですが、よくわからない…。
というのも、拡大しても極東ロシアまで危険情報の色分けされた地図が拡大できない。
なんなんだこの仕様…。

» 外務省のロシアの危険情報はこちら

スリに注意するのはもちろんのこと、強盗やテロの可能性も否定できないので、治安は悪くなくとも海外ということで注意するようにしておくのがいいでしょう。

極東ロシアの観光ビザ取得の注意点

極東ロシアの観光ビザ取得の注意点

日本国籍がロシアへ旅行する際には、ビザが必須。

しかし、日本国籍の場合、極東ロシアへの旅行の場合、電子簡易ビザの申請が可能です。

ただし、この電子簡易ビザというのが曲者。

というのも、ロシアの地方ごとに発給されるからです。

例えばウラジオストクの電子簡易ビザを取得してウラジオストクへの入国は可能でも、ウラジオストクからハバロフスクへ訪れることはできません。

というのも、ウラジオストクは沿海地方で、ハバロフスクはハバロフスク地方と地方が異なるので、沿海地方発給のビザではハバロフスクには行くことができないのです。

ウラジオストクから入国して、うっかりハバロフスクへ行くことのないようにして下さいね。

まとめ

それでは今回の記事のまとめです。

まとめ
極東ロシアとは下記5つの町のこと。

  • ウラジオストク
  • ハバロフスク
  • ナホトカ
  • ウスリースク
  • ブラゴヴェシチェンスク

旅行でおすすめなのは、日本からの直行便の本数が多いウラジオストク。

極東ロシアへは日本からのフライト時間も短く、海外航空券も安いので、旅行は本当におすすめですよ^^

極東ロシアウラジオストクの海外航空券を格安で購入する方法

ハイシーズンと言われる7月にがっつり極東ロシアへの一人旅を予定している私ですが、航空券は往復で34800円、宿泊費は3泊4日で11500円。バスルーム共有だけど個室でこの価格。

安っ。

私が一人旅するときは、だいたいいつもこんな風に格安航空券とホテルを予約してます。

私が格安航空券をゲットする方法は衝撃!格安飛行機チケットをさらに安く手に入れるための買い方でお伝えしています。

ホテル予約は海外ホテルを格安予約サイト以上にもっとお得に予約する方法とは?でお伝えしています。

参考になると思いますよ^^

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*