カンボジア観光はビザ必須!取得方法、費用、e-visa注意点を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                   

カンボジアを旅行するなら観光ビザは必須です。
でも安心して下さい。カンボジアの観光ビザは個人でも簡単に取得できます。
カンボジアの観光ビザについて、取得方法、必要書類、申請書書き方、費用、一見便利なe-visaの知っておきたい注意点などをお伝えします。
これを読めばあなたも簡単にカンボジアの観光ビザを取得できますよ^^

スポンサーリンク

カンボジアの観光ビザ

カンボジアにはビザが何種類かありますが、観光に必要なのはツーリストビザです。

観光目的のみに使えるビザで、ビザ発行日より3カ月以内に入国しなければビザは無効となってしまいます。

観光ビザで最大1ヵ月、カンボジアに滞在することができます。

カンボジアの観光ビザには下記の2種類があります。

  • シングルビザ
  • マルチプルビザ(数次ビザ)

シングルビザは、有効期間中1回のみカンボジアへの入国が可能なビザです。

マルチプルビザ(数次ビザ)は、有効期間中、何度でも入国可能、1回の滞在で最大30日まで可能なビザです。

マルチプルビザ(数次ビザ)には、1年・2年・3年の3種類があり、取得するにはパスポートの残存日数がビザの有効期限+6カ月以上必要です。

例えば1年マルチプルビザなら、1年間で1回の滞在が30日までなら、何度でもカンボジアに入国可能、取得条件はパスポートの残存日数が1年6カ月以上です。

カンボジアの観光ビザ取得方法

カンボジアの観光ビザを個人で取得する方法として、日本で取得する方法と海外で取得する方法があります。

日本で取得する方法は以下の3つの方法があります。

  • 大使館、各カンボジア王国名誉領事館を直接訪れる
  • 郵送
  • e-visa

海外で取得する方法は以下の2つの方法があります。

  • カンボジアの国際空港
  • カンボジア近隣諸国のベトナムやタイなど

大使館、各カンボジア王国名誉領事館でを直接訪れて申請

カンボジアの観光ビザが取得できる大使館、名誉領事館は日本国内に計6か所あります。

カンボジア王国大使館(東京港区赤坂)が1か所とカンボジア王国名誉領事館(大阪・名古屋・札幌・福岡・仙台)が5か所です。

観光ビザは申請日から3か月間有効で、有効期間以内に入国すればその時点から1か月間滞在が可能となります。

観光ビザの受け取りは大使館、各名誉領事館によって異なります。

カンボジア王国大使館(東京港区赤坂)の場合、申請日の翌日以降、カンボジア王国名誉領事館(札幌)のみ3営業日後で、他名誉領事館は翌々日以降に受領できます。

郵送

カンボジア王国大使館(東京港区赤坂)でのみ申請が可能で、カンボジア王国名誉領事館(大阪・名古屋・札幌・福岡・仙台)では申請ができませんが、郵送なので日本全国どこからでも申請が可能です。

申請費用の支払いは現金のみ。

郵便ポストに投函してから申請したビザが手元に届くまでに約1週間ほどかかります。

e-visa

ビザをインターネットで申請して受け取れる方法で、2006年4月から始まりました。

パスポートを郵送したりする手間がかからず、ビザ取得費用もクレジットカードで支払えてお手軽です。

カンボジア外務省の公式ウェブサイトのみでしか申請できず、取得できる観光ビザはシングルビザのみに限られます。

カンボジアの国際空港

プノンペン国際空港、シェムリアップ国際空港で、入国審査の手前にビザ発給カウンターがあり、その場で観光ビザを発行してもらえます。

当日から1か月間滞在可能なビザです。

申請費用の支払いはUSドルのみです。

カンボジア近隣諸国のベトナムやタイなど

ベトナム・タイなどの陸路の国境で取得でき、通常は申請から2営業日以降に受取可能です。

申請費用の支払いは、基本はUSドルキャッシュのみ。

タイからの入国の場合は、タイバーツでの支払いを要求されることもあります。

スポンサーリンク

カンボジアのビザ取得に必要なもの

観光ビザ申請・取得に必要なものは、どんな取得方法でもほとんど変わりませんが、全く同じというわけでもありません。

取得方法別に詳しく解説します。

大使館、各カンボジア王国名誉領事館を直接訪れて申請

必要なものは下記4つ。

  • ビザ申請用紙1枚
  • 顔写真1枚
  • パスポート
  • 観光ビザ申請費用

ビザ申請用紙のフォーマットは、大使館、各名誉領事館でそれぞれ異なります。

大使館、各名誉領事館の公式サイトから申請用紙をダウンロードすることもできます。

顔写真のサイズは縦4.5cm×横3.5cm(多少のサイズ違いは構いません)で背景は無地、最近3ヶ月以内の撮影写真が必要です。

パスポートはカンボジア入国予定日から6カ月以上の残存有効期間と1ページ以上の使用査証欄が必要。

ビザ申請費用は大使館、各名誉領事館によって違いがあります。

郵送

必要なものは下記5つ。

  • ビザ申請用紙1枚
  • 顔写真1枚
  • パスポート
  • 観光ビザ申請費用
  • 返送の宛先が書かれたメモ(郵便番号・住所・氏名・電話番号)

郵送申請できるのはカンボジア王国大使館(東京港区赤坂)のみなので、カンボジア王国大使館(東京港区赤坂)のビザ申請用紙しか利用できません。

顔写真の条件とパスポートの条件は、大使館、各カンボジア王国名誉領事館でを直接訪れて申請する場合と同じです。

返送用の封筒は必要ありません。

上記必要な書類等5つを現金書留などで下記住所に送ります。

〒125-0061
東京都葛飾区亀有3-4-5
カンボジア大使館 郵便VISA係

e-visa

必要なものは下記3つ。

  • パスポートの写真データ
  • 顔写真
  • クレジットカード

パスポートの写真データはパスポートの顔写真があるページを撮影した写真データ画像で、画像形式はJPEG、PNG、PDFのいずれかです。

顔写真は、背景無地で撮影した写真画像データで、画像形式はJPEG、PNGのいずれか、ファイルサイズは2MB以内。

クレジットカードは、VISA、MasterCard、JCBが利用できます。

カンボジアの国際空港

必要なものは下記4つ。

  • ビザ申請用紙1枚
  • 顔写真1枚
  • パスポート
  • 観光ビザ申請費用

ビザ申請用紙は空港で取得する場合には2枚必要な場合があります。

ビザ申請用紙は機内で配られますが、もし配られなかったとしても、入国審査の手前にあるビザ発給カウンターの窓口でも入手することができます。

顔写真の条件は、大使館、各カンボジア王国名誉領事館でを直接訪れて申請する場合と同じですが、2枚必要な場合があります。

現地申請で写真がない場合は別途手数料2ドルを支払えばパスポートの写真をスキャンして使ってもらえることもあります。

パスポートはカンボジア出国予定日から6カ月以上の残存有効期間が必要。

ビザが貼られたパスポートとレシートが渡されます。

レシートは入国審査の時に必要なので捨てないようにしましょう。

カンボジア近隣諸国のベトナムやタイなど

必要なものは下記4つ。

  • ビザ申請用紙1枚
  • 顔写真1枚
  • パスポート
  • 観光ビザ申請費用

カンボジアの国際空港と同様、ビザ申請用紙は空港で取得する場合には2枚必要な場合があります。

顔写真とパスポートの条件もカンボジアの国際空港と同様です。

カンボジアのビザ取得にかかる費用

同じカンボジアの観光ビザ(シングルビザ)でも申請・取得方法によって、費用に大きな違いがあります。

さらに、大使館、各カンボジア王国名誉領事館を直接訪れる場合でも、それぞれ費用に違いがあります。

観光ビザの場合、大使館、各カンボジア王国名誉領事館を直接訪れて申請・取得する場合の費用がこちら。

  • カンボジア王国大使館(東京港区赤坂):要問合せ
  • カンボジア王国名誉領事館(大阪):要問合せ
  • カンボジア王国名誉領事館(名古屋):4300円
  • カンボジア王国名誉領事館(札幌):4500円
  • カンボジア王国名誉領事館(福岡):4300円
  • カンボジア王国名誉領事館(仙台):4500円

郵送はカンボジア王国大使館(東京港区赤坂)ですが、郵送の場合の申請・取得費用も要問合せとなっております。

また大使館窓口でのビザ申請料金と郵便でのビザ申請料金は異なります。

e-visaは、30ドルと別途手数料6ドルで計36ドル。

カンボジアの国際空港で申請・取得する場合の費用は30ドルです。

私がカンボジアを訪れた2013年当時は20ドルだったのですが、今では10ドルも費用が高くなってるんですね。

カンボジアのビザ申請書書き方

日本の各カンボジア王国名誉領事館の公式サイトではビザ申請書の書き方サンプルが掲載されています。

仙台のみサンプルが掲載されていませんでした。

カンボジア王国大使館(東京港区赤坂)の書き方は郵送の場合、郵便VISA係に電話(03-6231-2661)で申し込めばFAX、E-mailで送ってもらえます。

近隣諸国での申請・取得の場合、規定料金以上の金額を請求してくるというトラブルも多発しているようなので注意が必要です。

カンボジアのe-visa注意点

簡単便利なe-visaですが、詐欺と思われる偽サイトが存在し、実際に被害も報告されているようなので、注意が必要です。

e-visaの申請・取得は、カンボジア王国外務国際協力省(カンボジア本国)と直接行うことになるので、日本語は通じず英語でのやり取りとなります。

e-visaに関して日本にある大使館や各名誉領事館では、問い合わせ・質問を受け付けていませんので、トラブルなどが生じたときには自力で解決するしかありません。

e-visa申請・取得を利用する際には、以上を踏まえて利用するようにして下さいね。

まとめ

カンボジアの観光ビザの申請・取得方法についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

まとめると、一番安くて早いのがカンボジアの国際空港、一番お手軽なのがe-visa、一番利用しやすいのが郵送です。

こうしてみるとカンボジアの国際空港が良さそうですが、到着便が重なった時にかなりの順番待ちを必要とする場合があります。

その程度ならまだいいですが、突然予告なしに廃止されることもありえます。

事前取得&日本国内での発行、日本全国どこからでも申請・取得可能という点ではやっぱり、郵送がおすすめです。

私もカンボジア一人旅した時には郵送で観光ビザを取得しました。

とはいえ、一番お手軽なe-visaでちゃんと申請・取得できている人もいますので、あなたの良しとする方法で取得していただければと思います。

無事観光ビザを取得できたらあとはフライトを待つだけ!

え?まだ飛行機チケットを購入していない?

それならぜひ下記記事をご覧ください。

格安航空券をさらに安く!お得に!購入できる方法についてお伝えしています。

ちょこっとひと手間(…というほど手間でもないですが)かけるなので、誰でも簡単に格安航空券をもっとお得に購入できますよ^^

カンボジア観光のおすすめスポットについてご紹介した記事もありますので、ぜひご覧いただければと思います^^

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*