必見!アテネ観光におすすめのギリシア遺跡&おすすめスポット全10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                   

アテネ観光と言えばアクロポリス遺跡!…だけではありません。
アテネにはアクロポリス遺跡以外にも見逃せない大きな遺跡古代アゴラを始め、各地に歴史的価値のある必見すべき遺跡がたくさんあります。
アテネを訪れたら絶対見ておくべきおすすめ遺跡5選、遺跡以外の観光スポット5選、計10選を画像と共にご紹介します。

スポンサーリンク

アテネの2大古代ギリシア遺跡

アテネを訪れたなら絶対外せない古代ギリシア遺跡が2つあります。

一つはなんといってもアテナイのアクロポリス遺跡!

あの有名なパルテノン神殿や少女像が屋根を支えている建築物で有名なエレクティオンなど、美しい遺跡が数々残されていますね。

アクロポリスは「高い丘の上の都市」という意味があり、古代ギリシアの都市国家の各地に造られましたが、一番有名なのがアテナイのアクロポリスです。

アテナイのアクロポリスについては下記記事で歴史やギリシア神話、画像とともに詳しくお伝えしているのでぜひご覧ください。

さて、アテネといえばアテナイのアクロポリス遺跡と思われがちだと思うのですが、実はアテネにはアテナイのアクロポリスと並ぶ大規模で美しい遺跡があるのはご存知でしょうか。

それが、古代アゴラです。

元々アゴラとは市場の他、政治、宗教、文化的施設が集まる場所を意味し、古代アテネにおいて中心地として栄えていました。

アクロポリスが精神的中心なら、古代アゴラは生活の中心だったというわけです。

古代アゴラにも数々の遺跡があるのですが、見どころスポットがヘファイストス(テセウス)神殿とアタロスの柱廊(古代アゴラ博物館)の2つです。

ヘファイストス(テセウス)神殿がこちら↓

パルテノン神殿とは違って、形がはっきりと残った美しい神殿だとは思いませんか^^

それもそのはず、ヘファイストス(テセウス)神殿はギリシア国内で最も原形を残している神殿なのです。

建築時期はパルテノン神殿とほぼ同じ時期である紀元前449年に建てられ始め、紀元前416年から415年頃に完成したと言われていますが、原形のとどめ方はパルテノン神殿とは全く違いますね。

この神殿は当初、アテナイの王であり国民的英雄であるテセウスにまつわる彫刻がたくさん施されたいたため、テセウスを祀った神殿だと思われていました。

しかし、1931年に遺跡の発掘が始まり調査が進むにつれて、鍛冶に関わるものが多く発見されたことから、近年ではオリンポス12神の一人、火と鍛冶を司るヘファイストスを祀った神殿ではないかという説が有力となっています。

7世紀頃から19世紀半頃まで、ヘファイストス(テセウス)神殿はギリシャ正教会の教会として用いられ、ゲオルギウス聖堂と呼ばれていました。

そしてこちらがアタロスの柱廊(古代アゴラ博物館)

こちらもヘファイストス(テセウス)神殿同様、見事なまでに完成された建物ですね。

このアタロスの柱廊(古代アゴラ博物館)もギリシア遺跡の中で唯一完全に復元された建造物なのです。

アタロスの柱廊(古代アゴラ博物館)は紀元前2世紀、ペルガモンの王アタロス2世がアテナイで学問を学んだことに対する謝礼としてアテナイに寄贈した建物で、267年にローマ帝国に侵入したヘルール族によって破壊されるまで使われていました。

その後アタロスの柱廊(古代アゴラ博物館)はアテナイの城壁の一部として使われていましたが、1950年代になると古代アゴラ博物館として再建築されました。

スポンサーリンク

アテネのおすすめギリシア遺跡5選

アクロポリス遺跡や古代アゴラ以外にも、アテネには各地に遺跡が点在していて、それらは徒歩圏内で回れる距離にあります。

せっかくアテネを訪れたのなら、たくさんの遺跡巡りをしなきゃもったいない!ということで、アクロポリス遺跡や古代アゴラ以外に見ておきたいおすすめ遺跡を5つ選んでみたのでご紹介しますね。

ハドリアヌスの門

「え?これ?Σ(゚Д゚)」っていうぐらいぽつんと立っている門。

あえてそんな感情が伝わるような画像を選んでみました。

第14代ローマ皇帝ハドリアヌスが2世紀に建てた門です。

2世紀なので今からおよそ1900年ほど前にも遡る歴史ある門なのですが、アテネの街に普通に立っているので、これが歴史ある門だと言われなければ全くわからないほど。

私は地図を片手に訪れたのですが「まさかこれ?この門?」と旅行ガイドブックと門を交互に見比べて何度も確認しました。

アテネには「まるで遺跡のバーゲンセールだな」ってくらいに歴史的な遺跡がたくさん点在しているので、これくらいのちょっとした規模の建物だとこんなもんなのかなぁと思ったり…。

ゼウス神殿

ハドリアヌスの門を抜けると、これまた「何だコレ?(“゚д゚)ポカーン」という遺跡が出現。

この遺跡はオリンポス12神の中の最高神であるゼウスに捧げられた神殿跡で、現在は15本の柱しか残っていませんが、かつては計104本もの柱が並び、それは美しく威厳ある姿だったといいます。

紀元前6世紀にアテナイの貴族で僭主であったペイシストラトスが建設を始めたのですが、彼がアテナイから追放されると建設の工事も中断されてしまい、完成には至りませんでした。

そして紀元前2世紀になって工事が再開されたのですが、工事中に工事推進者が亡くなってしまい、そのまま工事も挫折してしまったという経緯をたどります。

そんな曰く付き(?)のゼウス神殿がようやく完成したのは、第14代ローマ皇帝ハドリアヌスの時代である2世紀。

当時のゼウス神殿はローマ帝国期を通じて建てられた神殿の中で、最大規模だったそうです。

ローマン・アゴラ

朝日昇りかけの割と早い時間に訪れたときの写真です。

『アゴラ』と名前についていますが、古代アゴラとは時代もスケールも違う遺跡です。

こちらのローマン・アゴラはローマ時代初期(紀元前1世紀~紀元後2世紀)のアゴラの跡。

今はひっそりとしていますが、かつては市場兼集会場として人であふれていたといいます。

この遺跡で注目すべき建物がこちら↓

ガッツリ修復作業中で「何だコレ?」と思われるかもしれませんが、この建物は『風の神の塔』です。

1世紀の天文学者であるアンドロニコスが建てた塔で、かつては日時計、水時計、風見の3役をこなしていました。

どこらへんがどう日時計、水時計、風見なのか、作業網で覆われていて全っ然わかりませんでしたが、そういうことらしいです。

アドリアノスの図書館

2世紀頃に第14代ローマ皇帝ハドリアヌスが建てた図書館です。

図書館と言われなければわからない(…というか、言われたもわからない)ほど、崩壊していますが、元はこんな建築物だったようです。

ケラミコスの遺跡

紀元前12世紀頃~紀元前1世紀頃の古代墓地。

敷地内にはケラミコス博物館があり、墓石や陶器などの品々が展示されています。

アテネのおすすめ観光スポット5選

博物館や大聖堂など、遺跡以外のアテネのおすすめ観光スポットを5つ選んでみたのでご紹介しましょう。

国立考古学博物館

ギリシア全土の遺跡からの出土品のほとんどが収められている国内最大規模の博物館。

ただし、クレタ島の出土品のみ展示されておらず、クレタ島の出土品はクレタ島イラクリオンにある考古学博物館にのみ展示されています。

アテネの国立考古学博物館には、ポセイドンのブロンズ像や馬に乗る少年といった、学生の頃世界史の教科書に掲載されたいた様な有名な彫刻の数々が展示されています。

教科書で見た美術品の数々を生で見られる感動と、生で見たからこそ伝わるクオリティの高さがあるので、アテネ観光の必見スポットです。

国立歴史博物館

写真左に写っている博物館の前にある像は、馬に乗ったギリシア独立戦争の英雄コロコトロニスの銅像です。

オスマン帝国に支配されていたギリシアが1821年に独立を宣言して戦争を開始して、1829年に独立が承認されました。

国立歴史博物館にはこのギリシア独立戦争時の文献や鉄砲、甲冑、旗などが展示されています。

私が印象的だったのは旗。

十字架や碇に蛇が絡みついている旗を何枚も見かけて「フラメルの十字架!?ハガレン!!Σ(゚Д゚)」と大コーフンしたのを覚えています。

鋼の錬金術師の大ファンなんで…♡(*´ω`*)

でもたぶん、ギリシア独立戦争で使われていたのはフラメルの十字架ではなく、ギリシア神話に登場する名医のアスクレピオスが持っている蛇の巻き付いた杖でしょう。

医療・医術の象徴することから軍隊や準軍事組織等で軍医や衛生兵などの章に用いられていることも多いそうです。

あと、ギリシア各地の民族衣装もたくさん展示されていて、デザインがとても美しく、私も着てみたいなと思いました。

ギリシアにも変身写真館があればいいのにな…。

国立歴史博物館にはギリシア独立戦争時に使用された武器が展示されていて、戦争時代をイメージするのは心が痛みますが、それだけではなく、美しい王冠や装飾品、民族衣装など、近代のギリシアの洗練された文化、芸術品も見られるので、ぜひアテネ観光の際のおすすめスポットです。

新アクロポリス博物館

アクロポリス遺跡の最盛期であったパルテノン神殿が建てられた頃の作品を多く展示している博物館です。

アクロポリス遺跡を観光するならぜひ合わせて訪れたいスポット。

エレクティオンの少女像6体のうち、複製品ではない本物のオリジナル5体がここに展示されています。

5体の少女像が間近で見られて感動しました^^

衛兵交代式

無名戦士の墓という大きな横長の碑があって、碑の両脇に民族衣装に身を包んだ衛兵が一人ずつ立っています。

30分ごとに左右の持ち場、1時間ごとに衛兵を交代するのですが、日曜の午前中には大規模な交代が行われ、衛兵交代式といいます。

一体どんなものかと思い、私も訪れてみました。

多くの観客に混じって見学していると「Excuse me?」と話しかけられてTOEIC300点台の英語出来ない私は「え!?なんで私!?Σ(゚Д゚)思いっきり黒髪でアジア人なのにぃい!?オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ」と大パニック!

「そ…そーりー…、あい きゃんと いんぐりっしゅ…(泣)」となっさけない英語で答えると、「日本人ですか?」と日本語で話しかけられました。

「日本人!!日本語通じる!!ひゃっほぅ!!」と安心…。

どうやら彼は昨日まで出張でノルウェーに滞在して、明日の月曜からはアテネで商談ということで、今日丸1日空いているからアテネ観光をしていたという。

すごい…。

世の中私が知らないだけで、世界を飛び回って活躍している日本人ているんだなあと思いました。

衛兵交代式はおよそ20~30分ほどで楽器を演奏しながらたくさんの衛兵たちが行進するパレードのようなイベントでしたよ^^

ミトロポレオス大聖堂

ああ…またもやがっつり修復作業中…。

そのため美しさやすばらしさ、魅力がほとんど伝わらないかと思いますが、ミトロポレオス大聖堂はアテネ一の大聖堂で、1840年から15年もかかって造られました。

現在でも国家的行事に使われています。

まとめ

アテネ観光におすすめのスポット10選をご紹介しましたがいかがでしたか^^

ギリシアの首都でありギリシアの最先端を行く街でもありますが、ふと歩いていると紀元前の遺跡や建築物があったりする、現代と歴史が共存している不思議な街です。

今回ご紹介した観光スポットはほとんど歩いて行ける距離にある場所なので、ぜひアテネの街の散策を楽しみながら歴史に触れていただければなと思います。

もし私のようにツアーではなく、自分で航空券を手配してギリシア観光する!という方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

格安航空券をさらに安くお得に手に入れる方法についてお伝えしています。

全く同じチケットを買うなら、少しでも安くお得な方が良いですよね^^

ぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*