厳選!ギリシャのおすすめ観光スポット3選とビザなど旅行情報紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
                   

古代文明の遺跡やギリシア神話が各地に残り、歴史と神話にまつわるスポットがたくさんあるギリシャ。
一体どこを観光すればいいのかわからない!と悩んでしまいますよね。
そこで数あるギリシャの観光地の中から1年中いつ訪れても楽しめる観光地を3つ厳選しました。
他、フライトや時差、通貨、ビザは必要?などギリシャ旅行情報もお伝えします。

スポンサーリンク

ギリシャ観光におすすめの観光スポット3選

ギリシャ旅行におすすめの観光地を3つ集めてみました。

「え!?たったの3つ!?Σ(゚Д゚)」と思われたかもしれません。

はい、私も思いました(←はい?)

ギリシャって歴史と文明と神話の国なので、国中そこかしこに観光するべきスポットがたくさんあるんですよね。

むしろ全部おすすめ!なのですが、数あるギリシャの観光地の中から厳選して3つに絞りました。

おすすめ理由と共に、おすすめ順にご紹介しましょう。

アテネ

やっぱりアテネは外せませんでした。

日本から飛行機でギリシャに入国する場合は、ほぼ間違いないと言っていいくらいアテネのエレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港に到着します。

そのアテネにはパルテノン神殿で有名なアクロポリス遺跡がありますね。

そしてアクロポリス遺跡以外にも、古代アゴラ、ゼウス神殿などの古代ギリシャの遺跡も点在しています。

アテネは現代ギリシャの首都であり、古代ギリシャのポリス(都市国家)でもあり、現代と過去、最先端と古代が感じられる不思議な魅力に溢れた都市。

そんなアテネに必ず到着するというのに、アテネを観光しないわけにはいきません。

ということで、おすすめ観光地の第1位としてランクインさせていただきました。

さて、アテネと一言に行っても見どころはたくさんあります。

別記事でアテネ観光に特化した情報をお届けしていますので、詳しくは下記画像をクリックして記事をご覧ください。

アテネ観光に役立つこと間違いなし!ですよ^^

アテネは散策できる遺跡が多いだけでなく、石畳の道が多いので、歩きやすい靴で観光するのがおすすめです。

メテオラ

『空中につり上げられた』という意味を持つメテオラ。

奇岩群と奇岩群の断崖絶壁に建設された修道院群で有名なギリシャを代表する観光名所ですね。

視界いっぱいに広がる奇石群の壮大なスケールと断崖絶壁にポツンと佇む修道院からは、テレビや写真では感じることのできないメテオラの謎めいた歴史を感じることができます。

これは生で見ないと体験できない感動です。

私もギリシャ一人旅でメテオラを訪れました。

私の体験談をもとにメテオラ観光について詳しくお伝えしている記事もあります。

メテオラをトレッキングコースで観光しながら撮影した写真もたくさんご紹介しています。

最初から最後まで乗り物一切利用せずガチンコで徒歩で回りましたので、全部で6時間かかりました…。

クレタ島

ギリシャには本土以外にもエーゲ海に浮かぶ数々の島もありますね。

その中から私がおすすめするギリシャの島がクレタ島です。

「クレタ島?なんじゃそら?(“゚д゚)ポカーン」という方もいるかも。

クレタ島はエーゲ海最大の島です。

ギリシャ観光の島と言えば白塗りの建物にブルーの屋根が美しい景観のサントリーニ島が有名で、リゾート地としても大人気です。

サントリーニ島は夏にぜひリゾート観光として訪れたい島ではあるのですが、冬はちょっと…とベストシーズンがはっきりしています。

実際冬になると船便の数が減ります。

それに比べて、クレタ島は季節を選ばず年中いつでも訪れられる観光スポットがあるのでおすすめなのです。

牛頭人身ミノタウロスが迷宮ラビュリントスに閉じ込められたという『怪物ミノタウロスの伝説』のギリシア神話はご存知でしょうか。

ギリシア神話に詳しくなくてもこのストーリーはなんとなくどこかで聞いたことがあるという方も多いんじゃないかなと思います。

この『怪物ミノタウロスの伝説』で牛頭人身ミノタウロスが閉じ込められた迷宮ラビュリントスというのが、クレタ島に存在します。

クレタ島には他にもギリシア神話がありますし、クレタ文明が栄えた場所でもあります。

詳しくは下記記事で解説しているのでぜひご覧ください。

クレタ島にまつわるギリシア神話や歴史をゆっくり観光してみるのもおすすめですよ^^

私がギリシャ一人旅をした最大の目的が、迷宮ラビュリントスを訪れることでした。

高校時代からの夢を叶えられて幸せでした…♪

スポンサーリンク

ギリシャのフライトと時差

2020年1月現在、日本からギリシャまでの直行便はありません。

そのため乗り継ぎが発生するので、フライト時間も半日以上と時間がかかってしまいます。

私がギリシャ一人旅した時は、トルコのイスタンブールを経由して13時間かかりました。

日本とギリシャとの時差は7時間、ギリシャの方が日本より7時間遅いです。

例えば、日本が午前11時の時、ギリシャは午前4時ということですね。

直行便がなく乗継便しかないギリシャですが、距離が遠いため格安航空券といえども価格がそれなりにします。

格安航空券をさらに安く購入できる方法についてお伝えしている記事が別にありますのでご紹介しますね。

少しでもお得に安く航空券を手に入れたい!という方は、上記画像をクリックしてぜひ記事をチェックして下さい。

ギリシャの通貨と物価

ギリシャの通貨はユーロです。

ギリシャにユーロが導入されたのは2002年で、それ以前は、ドラクマという通貨が使われていました。

通貨がドラクマだった当時のギリシャは物価が安かったのですが、ユーロが導入されてインフレが進んでしまい物価が上昇したため、現在のギリシャの物価は安くありません。

というか高い…。

食事をしにレストランを訪れて「え?この味でこんなにするの!?Σ(゚д゚lll)ガーン」ということもあったり…(これ以上ディスるのは自重…)

ギリシャ観光にビザは必要?

総滞在日数が90日以上の場合にビザが必要なので、90日未満の観光ならビザは不要です。

さすが日本のパスポートは最強クラス…。

私はアンコールワット観光目的にカンボジア一人旅した時に観光ビザを取得したのですが、手間もお金もかかるし面倒くさかったです。

飛行機のチケットさえ手に入れれば無条件で観光できる国がたくさんあるという日本のパスポートは、海外旅行好きにとってはもう宝物♪

日本のパスポートならギリシャのようにビザがなくても観光できる国がたくさんあります。

海外旅行に興味がある、大好きというなら、せっかくの日本のパスポートを活用して旅しないと宝の持ち腐れで勿体ない!と私は思います。

まとめ

ギリシャ旅行におすすめの厳選観光地3選をご紹介しましたがいかがでしたか?

アテネから日帰りで観光できるミケーネ遺跡とか、今年はオリンピックイヤーなのでオリンピック発祥の地オリンピアもいいなとか、いろいろ悩んだ中での厳選した3つの観光地です。

今回ご紹介した3つの観光地は、場所や概要だけでなく、別記事へのリンクではありますが観光地にまつわる歴史やギリシア神話などについても詳しく解説しています。

さらにリンク先では観光地の写真も掲載しているので、写真での疑似観光をイメージしていただけます。

ぜひあなたがギリシャ観光する際の参考にしていただければなと思います^^

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*